労務コンサル、許認可、在留許可、法人設立等、社会保険労務士、行政書士業務を幅広くサポートします。

TEL:03-5367-2088 FAX:03-5367-2088

和田社会保険労務士事務所

東京都新宿区
新宿1-3-12
(PAL総合和田事務所)

HOME 事業内容 プロフィール メール顧問 お問い合わせ

労務関連

外国人在留関連

許認可関連

事務所のご案内

HOME»  人材派遣業

人材派遣業

一般労働者派遣事業の許可要件

1.一定の欠格事由(禁錮以上の刑法又は労働法等に違反して罰金の刑に処せられ、その後5年を経過しない等)に該当しないこと
2.当該事業が専ら特定の企業等に対して労働者派遣事業を行うことを目的とするものでないこと
3.申請者が当該事業の派遣労働者に係る雇用管理を適正に行うに足りる能力を有すること

 

●派遣元責任者の要件

1.未成年者でなく、欠格事由に該当しないこと
2.成年に達した後3年以上の雇用管理の経験を有すること
3.職業安定局長が委託する者が行う「派遣元責任者講習会」を受講した者であること(許可の申請の受理の日前3年以内の受講に限る)
4.派遣元責任者が不在の場合の臨時の職務代行者が予め選任されていること

 

5.個人情報を適正に管理し、派遣労働者等の秘密を守るために必要な措置が講じられていること
6.申請者が当該事業を的確に遂行するに足りる能力を有すること

 

(1)財産的基礎に関する判断
    1.資産(繰延資産及び営業権を除く。)の総額から負債の総額を控除した額(以下「基準資産額」
    という。)が一般労働者派遣を行う(ことを予定する)事業所の数を乗じた額以上であること
    2.1.の基準資産額が負債の総額の7分の1以上であること
    3.事業資金として自己名義の現金・預金の額が800万円に当該事業主が一般労働者
    派遣事業を行う(ことを予定する)事業所の数を乗じた額以上であること
(2)事業所に関する判断
    事業所について、事業に使用し得る面積が概ね20平方メートル以上であること

 

★一般労働者派遣事業の許可を受け又は受けようとする事業所については、特定労働者派遣事業の届出を行う必要はありません。
★常用労働者以外の派遣労働者を1人でも派遣する場合は、一般労働者派遣事業の許可が必要となります。

一般労働者派遣事業の許可を受け又は受けようとする事業所については、特定労働者派遣事業の届出を行う必要はありません。
常用労働者以外の派遣労働者を1人でも派遣する場合は、一般労働者派遣事業の許可が必要となります。

 

許可・更新等手続に関するマニュアルです。

 

メールによるお問い合わせ